薔薇のプレゼントは本数にも気を使います

薔薇をプレゼントする場合、贈る本数によってそれぞれ意味合いが変わってきます。何本贈るかもとても重要です。一本の場合は一目ぼれ、という意味があります。または「あなたしかいない」という意味もあります。本当に大好きな女性にプレゼントするといいでしょう。3本の場合は告白、愛してる、という意味があります。告白するときは3本贈るといいでしょう。7本の場合は密かな愛、という意味があります。11本は最愛、という意味があります。99本は永遠の愛、ずっと一緒にいようという意味があります。長年連れ添ってきた妻にあげるととても喜ぶでしょう。両手いっぱいの花束をもらって嬉しくない女性はいません。結婚10周年などの記念に贈ると喜んでもらえるでしょう。108本は何度生まれ変わっても貴方を愛しますという意味があります。とてもロマンチックですね。

薔薇をプレゼントとして贈る事。

薔薇は見た目が豪華でおめでたい時によく用いられる花です。特に赤い物は誕生日や開店祝い・入学時などに好んで利用されています。白の薔薇も豪華さは変わりなくどこか上品な印象を受けて思わず花びらに触れてみたい気持ちになります。誰かに花を贈るという事は少し恥ずかしいと感じる事もありますが、プレゼントされた方としてはとても嬉しくて感動する場面も多く見られています。結婚式などでもライスシャワーを浴びると幸せな気分になれるように、花を贈られると誰でもハッピーな気持ちになれます。そして贈られた花が薔薇だったらドライフラワーにしてでも保存したいと考えるかも知れません。見た目が華やかで香りもいいお花は女性だけではなく男性にも愛されていて、コサージュなどにして身につけていると誇らしい気持ちにさえなってしまう不思議な物です。

薔薇のプレゼントを、するには。

誕生日や記念品には、お花を贈られると嬉しいですが、特に喜ばれる花に薔薇があります。どのお花屋さんでも買うことが出来ますが、好みの色や形を見付けることは、難しい場合があります。色も、品種改良によって、赤やピンク、白、黄色、青などがあり、花言葉も、それぞれ違います。シーンや、贈る相手に合わせて、スマートなプレゼントを用意すれば、感動して貰うことが叶います。インターネットの通販では、好きな薔薇を好きな本数、購入することが可能です。産直直送の、新鮮で綺麗なものを用意することで、いっそう、感動することが出来ます。結婚式や記念のパーティや、発表会のお祝いに贈れば、サプライズを演出することが可能です。また、定番の愛の告白のシーンで準備すれば、忘れられない時間になります。薔薇には、不思議な効果があり、さまざまな感動を与えてくれます。