プレゼントされたい薔薇の花言葉

誕生日や記念日に、花束をプレゼントされたいと思う女性はたくさんいます。その中でも1番人気のある花束は、薔薇です。薔薇は、ピンクや赤、黄色等、たくさんの色の種類があります。そして、その色によって花言葉が違います。せっかくプレゼントなら、花言葉も知っておいた方が効果的です。まず一番選ばれる色は赤です。赤の花言葉は、愛情、情熱です。まさに愛する彼女や奥様へのプレゼントにぴったりです。次に人気の色がピンクです。ピンクは、上品、おしとやかという花言葉なので、お世話になった方や、目上の女性に贈ると喜ばれるでしょう。また、白いバラの花言葉は、尊敬です。こちらは女性だけではなく、男性の上司に贈る場合に選ばれると良いですが、白だけでは、お悔やみをイメージされる方もいらっしゃるので、明るい小花を混ぜて花束にしてもらうと、素敵な花束になります。

薔薇をプレゼントする時に知っておくと良い事

女性の方は、薔薇の花束をプレゼントされる事に憧れを抱いている方も多くいらっしゃいます。大切な彼女や奥さんに贈る時、ポイントを把握しておくとより相手に気持ちが届くので覚えておくと良いでしょう。薔薇は色によって花言葉が違います。ピンク色の花言葉には上品やおしとやかと言う意味があり、目上の女性や優しい雰囲気を出している女性に贈ると良いでしょう。最もポピュラーな赤色の花言葉は愛情、情熱などがあり、結婚記念日などに奥さんに贈る場合や本命の彼女に贈る場合が多いです。しかし、黄色の花言葉では嫉妬や不貞という意味合いを持つので、異性に贈るときは注意が必要です。また、白色は尊敬という花言葉となり、上司に送ったり、お悔やみの花と言うイメージもあります。なるべく異性に贈るときは白色、黄色の薔薇は控えておくと良いでしょう。

薔薇をプレゼントしましょう

女性ならみんなプレゼントに薔薇をもらうととても嬉しい気持ちになります。一生のうちに一度ぐらいは男性から薔薇をプレゼントされたいと願っている女性は大勢います。男性はせっかく女性にあげるなら、喜ばれる渡し方をしましょう。まず一つ目のポイントは色の選び方です。色によって花言葉が違います。ピンクは上品、おしとやかという意味合いがあります。目上の女性に贈るのに最適な色です。赤は愛情、情熱です。これは本命の彼女にあげましょう。濃い赤は私を射止めて、という意味があります。黄色は嫉妬、不貞をいう意味があります。女性に贈るには向いていない色です。白は尊敬の意味があります。上司に贈る色としてぴったりです。オレンジは無邪気、さわやかという意味があります。小さな子供に贈るもにもぴったりです。青色は奇跡、夢が叶う、という意味があります。