女性に薔薇をプレゼントするなら

男性が思っている以上に、女性と言うのは薔薇が好きです。バブル時代じゃあるまいしと言う男性もいますが。今プレゼントしても喜ばれるでしょう。古いと言われることはありません。ただ、薔薇なら何でもいいと言うわけではないです。様々な色のものがありますが、花言葉はそれぞれ異なります。贈るのならば、それぞれの花言葉を理解しておきましょう。避けるべきは黄色のバラです。不貞や嫉妬と言う花言葉なので、女性に贈ってはいけません。また、バラと言えば赤と言うイメージがありますが、赤にも濃さがあります。濃い赤のバラは、男性が女性に贈るものではなく、女性が男性に贈るのが常識となっています。なぜなら、花言葉が私を射止めてだからです。男性から贈ってしまうと、少し変でしょう。こう言うことを知っておくと、より効果的にアピールできます。

薔薇の花をプレゼントするときの注意

女性が嬉しいプレゼントの一つに、薔薇の花束があります。情熱の代名詞として使われる花ですが、色によって花言葉が変わることは知られていません。では、それぞれの色にどのような花言葉が秘められているのでしょう。最もポピュラーな赤色は、情熱、美貌、あなたを愛するという意味があり、白い花は、尊敬、純潔、清純、青い花は、神の祝福、喝采、祝福という意味があります。このように良い意味ではなく、悪い花言葉の花の色は、黄色、黒赤色、赤に白斑です。黄色の薔薇には、嫉妬、不貞、笑って別れましょうという意味、黒赤色の花には憎悪、恨み、赤に白斑の花には戦争、戦いの意味があります。なので、プレゼントとして贈る際には、インスピレーションで選ぶのではなく、花の色に隠された花言葉も踏まえたうえで、相手に贈るようにするのが無難でしょう。

素敵な薔薇をお誕生日にプレゼントしよう

薔薇は大変美しい花です。お部屋に置くだけでパッと明るいお部屋にしてくれます。それほど存在感のある花ではないでしょうか。そんな薔薇の花を、是非お誕生日にプレゼントしましょう。友人や知人や家族や恋人の、お誕生日に薔薇の花束を贈れば、きっと喜ばれること間違いなしです。きれいな花と香り豊かなその花びらが、もらう人を幸せな気持にさせてくれます。見た目の鮮やかさと華やかさで、とてもハッピーな気持になる事が出来るのではないでしょうか。そんな素敵な花をもらうだけで、本当に嬉しいものではないでしょうか。気品高い花だからこそ、上品な演出をする事が出来ます。渡す人ももらう人も、同じくらい幸せな気持になる事が出来るのではないでしょうか。カラーも様々な色があるので、是非色々組み合わせをして素敵な花を楽しんでみましょう。